IT情報をお届けします

ネットについての学校教育って?

小学校では、ITを活用した学習活動を取り入れることは書かれていますが、「情報モラル」という言葉は出てきません。
ITを活用する上では情報モラルが必要なのですが、なかなかそこまで読み取る学校は少なく、実際、調べ学習などでは多くの学校で利用していますが、年間計画を立てて情報モラル教育を行っている学校はあまり見ません。
中学校では、技術科で「情報モラルの必要性について考えること」と明記されており、教科書でも一通りのマナーやルールを扱っています。
ただ、技術科の内容になっているため、学校全体で取り組んだり、他の教師がその内容を把握していたりすることはあまり多くはないようです。
文部科学省のWebサイトでどなたでも学習指導要領を見ることができます。
きになるかたは一度見ておくことをお勧めします。
ただ、情報モラル教育は学校が行うだけでは効果は半減してしまいます。
学校では一律にしか指導できないので、家庭と連携してこそ成果が出るのです。
例えば、携帯電話の学習を行っても、その時点で携帯を使っていない子は実体験を伴わないから「ふんふん」と他人事のように聞くだけになってしまいます。
そこで、家庭でパソコンや携帯を与えるときに、簡単でもいいから学校と同じことを繰り返してもらえれば効果は抜群です。
そのために、学校は保護者に対して、学校での取り組みや家庭にお願いしたいことをきちんと説明する必要があるでしょう。
このように、どの学校でも情報モラル教育が行われているわけではありません。
しかし、2年前より1年前、1年前より今年と、実施している学校は確実に増えています。
インターネットで公開されている指導事例も出てきています。
今まで必要だと思っていてもどうやって指導すればいいのか悩んでいた先生たちが、これからはどんどん実施していくことになるでしょう。